クワガタ カブトムシ

クワガタの飼い方〜幼虫編

 クワガタの幼虫を育てるコツを紹介します。
 まず、飼育ケースはガラスケースのものをお勧めします。これは、クワガタの幼虫は餌以外の物もかじってしまうので、傷がつきやすいからです。ケースの中には、「朽ち木マット」を敷き詰めます、これは幼虫の餌にもなります。朽ち木が乾燥しないように、定期的に霧吹き等で湿らせましょう。幼虫同士はケンカをしてしまうので、ひとつのケースで多数の幼虫を飼育するのはお勧めできません。その場合には、プリンカップと呼ばれる透明のカップに一匹づつ分けて飼育します。
 温度管理についてですが、クワガタの幼虫は寒さに強く、0度を下回らなければ越冬するのに問題はありません。周りの温度が、大体10度を下回ると冬眠に入るようです。逆に、暑さにはとても弱いので、夏場は日差しの当たらない風通しが良い所にケースを置きましょう。

 

国産オオクワガタ1-2令幼虫 3頭セット  クワガタの幼虫  くわがた 昆虫

1575円

初心者にオススメ!世界一美しいクワガタ!ニジイロクワガタ幼虫飼育セット2011!◆ニジイロクワガタ幼虫1頭+菌糸ビンE-800※オス、メス判別していません2,3令【クイーンズランド産CB F1】

698円

▲国産ヒラタクワガタ “産地累代数不明” 幼虫(初?2令)(5匹)

3160円

◆E-800 クワガタ幼虫飼育大きさ大きく育てる為の1本目の菌糸ビン幼虫のエサはこれで決まり! 《くわがた用菌糸瓶(菌糸ビン)幼虫の餌(えさ)260万本販売実績(1100cc換算)メーカー》10P12May11

355円