クワガタ カブトムシ

オオクワガタの特徴

 オオクワガタは、その名の通りクワガタの中でも最大級の部類に入ります。 全長はオスが21mm〜76.5mm、メスが22mm〜48mmです。2007年に環境省によって「絶滅危惧II類」に指定され、存続が危ぶまれています。特徴としては、体の大きさに加え、前胸の縁がエグレている事が挙げられます。
 また、オオクワガタとコクワガタの間に「オオコクワガタ」と呼ばれる雑種ができ、ごく稀に採集されます。人工飼育によって作出することもできますが、幼虫の間に死んでしまう事が多いため飼育が極めて難しくなっています。

 

【緊急追加販売】昆虫ランキング1位獲得商品! お試し特価!◆「オオクワガタ幼虫 1頭」+菌糸ビン(菌糸瓶)(E-800)セット ※オス、メス判別していません【初、2令】10P12May11

698円

国産オオクワガタ♂60upペア 新成虫 2011年羽化 国産クワガタ成虫 特価販売 くわがた 昆虫 ペット

2394円

みんなのオオクワガタ

780円

国産オオクワガタ♂78mmペア 2011年羽化 新成虫【smtb-k】【ky】【送料無料】 国産クワガタ成虫 くわがた 昆虫

18690円